悪玉コレステロールを減らすには【きなり】

17.6kg。これを卵の個数に換算(※)すると、なんと335個。【きなり】1日1個、食べている計算になるのだ。
確かに、目玉焼きや卵焼きなど食事だけでなく、デザートやマヨネーズ【きなり】など、あらゆる場面で卵は活躍している。

 

コレステロールとは脂質の一種で、本来人間の細胞の細胞膜をつくったり、脂肪の消化に必要な胆汁酸の原料に欠かせない栄養素だ。

 

「脂肪が燃える」とはエネルギー燃料源として身体に貯蔵されていた「体脂肪」が主に使われている状態のことです。
この状態が続けば体脂肪が減って、キレイに痩せる…という【きなり】わけです。

 

● 食べ過ぎ。
● 肥満(体に必要以上の脂肪がたまっている状態)。
● コレステロールや飽和脂肪酸を多く含んだ食品の摂り過ぎ。
● 食物繊維の摂取不足。
● 【きなり】不足。

 

通常、わたしたちの体 その他……閉塞性黄疸(肝臓の病気)、ネフローゼ症候群(腎臓の病気)など。

 

コレステロールは血液中だけでなく、脳や脊髄(せきずい)、肝臓など体内に広く分布しています。【きなり】食事によって体内に摂り入れられるだけでなく、肝臓など体内でも合成されます。

 

そもそも、コレステロールが【きなり】悪者のように言われるようになったのには、ある説がある。
1913年、ロシアの病理学者ニコライ・アニチコワがウサギにコレステロールを与えた実験